SCアンドパートナーズ

Vol.764 「高架下開発に留まらない”ミカン下北”」

2022年3月30日に開業した「ミカン下北」

場所は下北沢駅京王線の鉄道高架下を囲む範囲。

名称の「ミカン下北」は、「多様な文化が交差し、絶えず自由に編集され、変わり続ける、つまり“常に未完である”ことに下北沢の普遍的な魅力を見出し、未完ゆえに生まれる新たな実験や挑戦を促す想いを表現しました。」ということで未完であることを表現。

このロゴマークは、「リセットするのではなく、上書く。未完というテーマを土台に、トライしたという確かな痕跡と、現状をよしとせずに実験を重ねようとするアグレッシブな姿勢を、象徴的に記号化」と街づくりへの想いがこもってますね。

まずは高架下へ。

過去の経験からどうしても高架下は、「天井」が気になる。(^_^;)

一歩出ると側道と一体化。

施設はまだ未完のようです。

奥にはTSUTAYA。

飲食店や物販店の他にシェアオフィスやコミュニケーションを作れるスペースをふんだんに取り入れているようですが、今回はふらっと行ったので見ることは出来ず。

この高架下で気になったのは、このエスニックゾーン。

エスニックというか、香港の女人街にいるような独特な匂い(臭い?)

混雑してどこも入れなかったのでまた来たいと思います。

下北沢駅は鉄道の改良工事に伴って小田急線も京王線も長らく工事中でしたが、ようやくの開業にこぎ着けたようです。

ミカン下北というネーミング、開発コンセプト、HPなどの制作物、イベントの内容、そして店舗構成、相当のこだわり。

今後の運営管理がうまくフォローして更なる成長を期待したいと思います。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-