SCアンドパートナーズ

Vol.738 「2022年2月 業態別売上前年比」

【ショッピングセンター】
既存SC前年同月比売上高伸長率 :▲4.4% (参考・2019年同月比 : ▲18.8%)
36都道府県がまん延防止等重点措置下営業で前年を下回る

【百貨店】
2月の売上高は0.7%減(5か月ぶり)、入店客数は2.9%減(4か月ぶり)と、共にマイナス。
増勢が続く高額商材や各社が企画した外商顧客・会員向け施策、バレンタインなどの季節催事は好評
前年実績をクリアするには至らず。、前々年(2020年)比 では売上高11.7%減、入店客数28.2%減

【チェーンストア】
2022年2月度は、まん延防止等重点措置により内食化需要の傾向が続き食料品の動きは好調。
衣料品は苦戦したが、住関品が堅調に推移したこともあり、総販売額の前年同月比(店舗調整後)はプラス。

各業界団体からの発表は以上の通り。

相変わらず手堅いチェーンストアに比べて、百貨店、ショッピングセンターは依然低迷。
2019年比、2020年比共にマイナス。

感染第6派は落ち着いてきているものの、高止まりの様相。
BA.2への置き換わりにより第7派も懸念される。
ウクライナ情勢も先行き不透明。
急激な円安と資材不足。

と、明るい話題が無く、今しばらくはこの状況が続く。

客足が戻らないまま給付金が止まる店舗、借入金の返済が始まる中小企業、そして、猶予されていたものの徴収も始まる。
新型コロナウイルスの影響は、これからが正念場です。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-