SCアンドパートナーズ

気候の温暖化がもたらすもの

台風、豪雨、猛暑、暖冬、地球の温暖化による影響が大きい。海水温が高いことで台風は大きくなり、その進路も予想できない。

実際、日本は過去100年で1.16℃平均気温が上昇し、この先100年で1℃上昇するらしい。

今年は猛暑でモノが売れない。今年は暖冬でコートの動きが悪い。これは今年に限ったことじゃない。

最近、海外から日本に赴任すると亜熱帯手当てが付くとか付かないとか。そんなこともささやかれる。

それなのに未だにSS.FWで商品を作る。6月末に夏のセールを行う。8月から秋物を立ち上げる。相変わらず長袖のシャツとスーツを売ろうとする。早くこの呪縛から抜け出さないと洋服は終わってしまう。

そんなことを今朝咲いたハイビスカスを見ながら考えた。

10月にハイビスカスが咲き、街には半袖シャツの人がたくさんいる。

そんな時代か。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-