SCアンドパートナーズ

Vol.395 「驚く WITH HARAJUKU の開発力」

いつもながらNTT都市開発の不動産開発力には驚かされるが、今回はまた相当の努力と工夫だったと感じさせる開発「WITH HARAJUKU」


(NTTUDのサイトから拝借しましたhttps://www.nttud.co.jp/news/detail/id/n24767.html

場所はJR山手線原宿駅の真ん前。

絶好の立地だ。

そこに土地を手当てするなど、相当の投資と苦労だったことは想像に難しくないが、それをコロナ渦を超えての開業。

本当にご苦労様でした。

今回の計画は、住宅も複合している。

地形を活かし、ショップ、ホール、シェアオフィス、そしてレジデンスの複合だ。

行くと分かるがかなり入り組んだ設計と動線になっている。

この絵からも分かるように原宿の駅前から竹下通りに通り抜けられるようになった。

恐らく、この接続も相当の交渉や調整が入ってものと推測する。

正面はウッドをあしらった外観だ。

今回の店舗の目玉は、IKEAの都心型店舗とチャレンジ満載のユニクロだろう。

まずは、IKEAから、なんて考えたのが甘かった。

2階で整理券をもらい1時間待ち。

あえなく断念。

また来よう。

そして、ユニクロ。

原宿のユニクロと言えばフリースブームを作った場所だ。

店内に入るととてもポップなイメージ。

普段のお店とはちょっと違いますね。

でも、今回の新しい取り組みはこちら。

スタイルヒント。

店内は、

商品の向こう側にずらっと並ぶモニター。

近づいてみるとこんな感じ。

「どうするんだろう?」と見ているとお店の人にこんなペンを渡された。

これでモニターを操作するとものすごい数のスタイルヒントが現れ、それがWEBとも連動しているらしい。

さてさて、どんな効果があるのか、今後が楽しみだが、もう対面での接客は不要ですね。

コロナ渦を受けて、この傾向はますます強くなりそうです。

この他のお店も。



そして、シェアオフィスとホール。

こちらのシェアオフィスはサイトを見ると、

■シェアスペース「LIFORK原宿」「LIFORK原宿」は、「“自分のやりたい”を実現する、最高の空間」をコンセプトに、人々の多種多様なスタイルに合わせてフレキシブルに利用可能なシェアスペースです。会員制コワーキングスペースおよび30分単位で利用可能な約240㎡のレンタルスペースを提供します。

と書いてある。

便利な場所となりそうです。

環境もゆったりした設計になっています。

良い感じです。

時間が無かったので、この銅像の意味を見てこなかったのですが、何か意味があるのでしょう。

少しだけ残念だったのは、竹下通りへのアプローチかな。

原宿駅側から見ると裏口。

ここを出ると竹下通りでつながります。

この先に見えるのが竹下通り。

原宿駅から竹下通りに至る動線をもっと強くして、この人たちのサブ動線にすることが出来たらすごいことになりそうです。

恐らく、地元の調整、行政との協議、排水の問題、都市計画との整合、工事費などなどいろいろな要件が重なって作られる開発案件なので、そんな簡単なものではなかったのでしょうね。

とにかく、原宿の新名所、これからが楽しみです。

しかし、この上に乗っているレジデンスはいくらするのでしょう。。。。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-