SCアンドパートナーズ

Vol.375 「芦屋モンテメールがリニューアルオープン」

芦屋駅にある「モンテメール」が2020年3月18日、リニューアルオープンした。

モンテメールが出来たのは、1980年。

もう40年前。

ここを一年間、全館休業しての大規模リニューアル。

ただ、一部の店舗は営業を継続していたので、工事は苦労が多かったと思う。

でも、その苦労の甲斐もあって、開業の日はかなりの行列が出来た。

お客様は、昔の賑わいが戻ってきたことを喜んでくれたとか。

頑張った甲斐がありましたね。

リニューアル後は、R(湾曲した通路)を設え、楽しさを表現。

新しいお店も入って華やかになりました。

そして、この地域では「ファミリア」が人気だ。

そして、ここモンテメールの核テナントは「大丸百貨店」

百貨店らしさを残しつつの改装を行っている。

今回のリニューアルで、コミュニティー施設も充実。

その一つが、ここ「ASI no VA」

コミュニティールームだ。

ワークショップなどを想定していると言う。

そして、もう一つが屋上に作った「屋上テラス ASI no SORA」

オープンテラスが気持ちいい。

 

この「ASI no BA」と「ASI no SORA」、この2つが地域コミュニティの中心になることを期待しています。

今回のリニューアルで思い切ったのは、改札階(コンコース階)に飲食フロアを持ってきたことだろう。

今、高齢化も進み、顧客ニーズが変ってきたこともあり便利な場所こそ飲食施設がお客様にとっては使い勝手は良いだろう。

ここでひときわ目を引くのは、このイタリアン。

地元では有名なお店。

ここのユニークなのは、焼く前に一旦ピザ生地を揚げること。

一枚一枚、揚げていく。

その揚げた生地にトッピングを乗せ、ピザ窯で焼く。

残念ながら今回は混んでいて食べることは出来なったけど、「外はカリ、中はモチ」だそうだ。

次回は是非行ってみたい。

そして、芦屋初のスターバックスコーヒー。

芦屋に無かったことも不思議だが、ようやくの出店。

今回、事業者である神戸SC開発株式会社からはこんな発表がされている。

「これまでの主要顧客であった50代以上のミセス層に加え、30~40代を中心とした近隣および駅を利用される方に日常使いから週末のショッピングやお食事、カフェでのひと時など、様々なシーンでご利用いただけるよう、新規ショップの導入ならびに快適な環境づくりを図っております」

ということでオープンビジュアルはこちら。

お母さんと娘さんの親子2世代がイメージターゲット。

リニューアル後、もちろん「前の方が良かったわ」と言う方は少なからずいらっしゃるもの。

でも、1年間の休業を経ての開業は多くの方に喜んでもらえたという。

今、世間では新型コロナウィルスの影響で自粛ムード。

ここもかなりの検討を重ねて、やっぱり、開業を待っているお客様のために開けようという決定を行い、注意しながらの開業。

生みの苦しみ。

きっと、報われることでしょう。

早くコロナウィルスの騒ぎが落ち着いてゆっくりお買い物お食事が出来るようになってくれるといいですね。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-