SCアンドパートナーズ

Vol.349 「大分で寄る2つのところ」

大分に行くと必ず寄るところがある。

大分駅

まず、アミュプラザ大分の1階にある「豊後にわさきいっぷく横丁」

ファッションが並ぶアミュプラザ大分のもう一つの顔。

地元のお店が雑然と並ぶ横丁だ。

なぜか、豊後と描いて「ぶんご」と読む。

魚が旨い。

そして、竹田の丸福。

竹田は地名らしい。

ここのとり天が乗った丼、何か分からないが酸味が効いたタレがかかってとても旨い。

もちろん、肉好きにも。

イベントも行われている。

夜ともなると、旅行者も地元の人もワイワイ飲む。

駅ビルの違った楽しみ方だろう。

今回、初めて、「豊後りゅうきゅう」と言うのを食べた。

りゅうきゅうと言うから沖縄?と思ったけど、どうやら違うらしい。

これが豊後りゅうきゅう。

見て分かるようにマグロの漬けだ。

このまま食べてもいいし、ご飯に乗せても。

郷土の美味いものに勝てるものはないな、と改めて思う。

そして、必ず、来るもう一箇所。

それが、このお風呂だ。

アミュプラザ大分の19階にある「てんくうSPA」

このSPAは、ホテルブラッサムに宿泊すると無料で入ることが出来る。

スマホは持ち込めないのでホームページから写真を拝借。

この高い位置から見ると海までが見渡せる。

絶景だ。

マリナベイサンズのプールを参考にしたと本当かどうか分からないが、確かに水際がキレイに消えている。

こんな絶景だから、朝がいい。

朝日の中、海を見ながらのお風呂。

一度は来るべきだろう。

実は今回、ホテルにチェックインした際、フロントで、ボイラー故障により休止を伝えられた。

「えー」

でも、何とか、修理が出来たらしく、いつものように入ることが出来た。やれやれ。

おんせん県、大分。

いいところです。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-