SCアンドパートナーズ

Vol.348 「会社を辞めて残念と感じる一つのこと」

先週、会社を辞めてから初めて当時執務していたオフィスに入った。

もう4年半になる。

外部の者は企業の執務スペースには、なかなか入れないが、その時、訪ねていったかつての上司が「たまには入ったらどうだ」とセキュリティを通って執務スペースへ。

そこは4年半前とは、見違えるほどきれいにリニューアルされ、皆がゆったり座っていた。

「随分と変わったなー」

でも、そこで働いている皆はかつての同僚ばかり。

皆も驚く。

「西山さん、どうしたんですか」と。

照れくさい。笑

4年半経っても皆は何も変わらない。

かつて、苦楽や泣き笑いを共にした同僚。

いわば戦友。

そんな皆と言葉を交わす。

懐かしさがこみあげてくる。

今、会社辞めて後悔することは少ない。

でも、たった一つ「残念」と感じていることがある。

それは、「仕事の仲間」がいなくなったことだ。

1つの目標に向かって、意見をぶつけないながら時には反目し合いながらも同じ時間と空間を共有する。

「仲間」

「チーム」

会社にいると気が付かないことかもしれません。

企業にお勤めの皆さん、チームや同僚や仲間を大切にしてくださいね。

苦楽を共にし、喜びも悲しみも分かち合い、達成感を共有する仲間を。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-