SCアンドパートナーズ

Vol.294  「成功には原則がある。」

常日頃、製品の製造や商品の開発やサービスの提供には成功の原則があると思っている。

成功のために絶対必要なのは「サイエンス」と「アート」の2つ。

サイエンスとは、テクノロジーや新技術や匠の技や蓄積されたノウハウ。

アートは感性に訴えるもので、「綺麗」「かわいい」「欲しい」「持ちたい」と思うような心が高揚するようなもの。

どんなに技術的に優れていても美しくなければ人は持ちたいと思わない。

昔、自動車はまさしくこの2つが共存していた。

歴史的建造物や絵画や工芸品も美しさの中に幾重もの工夫と匠の技が隠れているからこそ、人々に感動を生む。
陶芸などその最たるものだろう。

人間国宝と呼ばれる人が織りなす技は感動を呼ぶ。

これが工業製品になると少し変わる。

どんなに優れていても、どんなに美しくても、不便なもの、機能性が低いもの、生活を楽にしてくれないものは欲しいとは思わない。

windowsが発売された時はびっくりした。

それまでDOSという固い画面が突然マルチウィンドウになり、表計算も文書作成も一度に出来るようになった。

これは便利!と感嘆したものだ。

MAC(マッキントッシュ)はもっと早くマルチウィンドウだったけど。

そして、次が最強の4原則だ。

すごい! 美しい! 便利! 簡単!

この4つが揃うと最強だ。

これがまさしく2008年に発売されたiphoneだ。

それまで通話機能だった携帯電話が、突然、手の中のパソコンになった。

しかし、使いやすい、簡単。

分厚いマニュアルなど入っていないほど。

これまで多くの製品、商品、サービスが開発され、発売されるが、売れるものとそうでないものに分かれる。

いろいろな事情はあれども、この4原則が満たされたものに顧客はお金を惜しまない。

価格競争に巻き込まれないのだ。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-