SCアンドパートナーズ

Vol.254 「今日は第28期SC経営士試験」

今日2019年9月6日は、第28期SC経営士の試験日。
受験する皆様、これまで学んできたものを存分に発揮して、頑張ってください。

「SC経営士とは、SCに関する専門知識を総合的・体系的に体得し、その専門知識を活かして、現在および将来のSC経営やSC業界、地域社会の発展に貢献できる資質を持った方で、当協会が実施するSC経営士試験に合格し、登録した方をいいます。
現在、約500名のSC経営士が、さまざまなSCのビジネスシーンで活躍しています。」(日本SC協会ホームページ)

と掲載されているようにSCのプロフェッショナル。
でも、全国に3,220カ所のSCがあるにも関わらず、SC経営士の数は約500名とかなり少な目。
もっと誕生するといいですね。

ただ、この「SC経営士」は民間資格。
だから宅建のように資格を持つことで重要事項説明が出来るようになるなどの特別なクレジットは無い。

極端に言うとSC経営士を持っていなくても実務には全く影響は無い。
人数が伸びない理由はここにありそうですね。

では、なぜ取得するのか。

一番のメリットは、SC経営士会というコミュニティに加盟出来ること。
このコミュニティに入ることでネットワークは広がり、時折開催される勉強会を通してスキルアップが出来ること。
かな。

だから、こういったことに魅力を感じない人は特に取得する必要は無いでしょう。

でも、

1.実力があって資格を持っていない人。
2.実力は無いけど資格を持っている人。
3.実力も資格も持っている人。

この3人の中では、やっぱり、3番がいいですよね。

資格って武器や鎧(よろい)だと思うのです。
鎧を着ていれば強そうに見えるし、武器を持っていれば戦うのにも有利。

素手で勝負するのも結構。
でも、武装した方が有利ですよね。

朗報を待っています!

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-