SCアンドパートナーズ

V ol.251 「プラリバ、減築と増築で開発した珍しい商業施設」

2019年7月26日開業したプラリバが面白い。

今回は、商業施設のみの開業(一部屋上は未開業)
最終的には、こんな大きな建物になるらしい。

ここは昔「西新岩田屋」があった場所。
2003年、この西新岩田屋の閉店の後、東京建物株式会社によって「西新エルモールプラリバ」として再出発。
その後、その西新エルモールプラリバも2015年閉店。
それを今回大きく建て替え?リニューアル?した。

なぜ、建て替え?リニューアル?なのか。
それは既存の建物を一部取り壊し、一部減築してこの形に再生させる非常にまれなケースだからだ。


東京建物株式会社のHPより。

既存の建物は地上8階建て。
その一部を解体し、そこに高層マンション。
上層階を減築して4階までの建物に変身させ、そこを商業施設。
そして、地下は一体化させてフードゾーンへ。

これが地下鉄直結の建物において施工したのだから難工事であったと思うし、相当のウルトラC。
あまり例は無いと思う。

これを考えた東京建物はすごいな。
そして、設計・監理・施工を担当した竹中工務店の技術力も特筆すべきだろう。

今回開業した商業施設のネーミングは「PRALIVA」(プラリバ)
食品スーパー、フード、カフェ、生活雑貨店など九州初出店を含む36店舗が開業。

1階の正面エントランス

まだ、後ろでマンションの工事しています。

地下鉄「西新駅」と直結です。

7月の開業の時は1,000人以上の方が並んだとか。
地元の方の期待感が大きい証拠ですね。
閉店している間は不便だったことから待ち望んだ開業ということでしょう。

今回、日常性はもちろん、地元のテナントからナショナルチェーンのテナントまで非常にバラエティ豊か。
わずか40店舗ですが、回遊することが楽しい。

アパレルは、ほとんど無い。
時節柄ということもあり、天神にも至近ですからね。

フードマーケットは地元のお店。

普段見るスーパーマーケットとは少し違います。

カルディコーヒーファームのようなナショナルチェーン

この刃物屋さん、建て替え前もあったような記憶ですが間違っていたらすみません。
地元の方でしょう。
とてもしっかりした品揃えをしています。

4階には無印良品。

そして、地元「西日本鉄道」が経営するINCUBEの小型版「PLAT INCUBE」

INCUBEよりあか抜けてていい感じです。(失礼!)

そして「MY GYM」
外国人の先生たちと子供たちが楽しそう。

最近、地域性や人口構成や購買頻度や住民特性にうまく合わせて開発される商業施設が増えました。

少し前まで「ライフスタイル提案」「新業態」「一号店」など事業者から上から目線で押し付けるような開発が多かったですが、最近、ようやく変わってきました。
ここは株式会社プライムプレイスの叡智の結集ですね。

お客様から支持されてこその商業施設。

ここプラリバは、ウルトラCの開発手法と共に地域密着の品揃え。
両面から参考になる施設だと思います。

ちなみに地下鉄駅直結マンションは九州では初めてとか。
人気物件になりそうですね。

買うか (嘘です・・・)

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-