SCアンドパートナーズ

Vol.236 「さっこら~ちょいわやっせ~」

盛岡さんさ踊りを見に行きました。

前回、来たのは日本SC協会の緑陰トップフォーラム盛岡開催の時だったからかれこれ8年ぶりになる。
8年前に比べてますます賑わいを増しているように感じた。

盛岡さんさ踊りは今年で42回目。
起源は藩政時代に遡るようだが、こうやって一大イベントとして開催されるようになったのは意外に新しい。
しかし、今や250団体、3万5千人の参加者、観客は会期中で延べ130万人を超えるという。

地元の努力もあって2007年6月には世界一の和太鼓の数の祭りとしてギネス世界記録に登録されている。

もともと「さんさ踊り」の数はたくさんあり、その形も「地域で踊りが異なる」、「振付けが難しい」といった意見から一般の市民が踊り易く、優しいものに統一したのが今の「さんさ踊り」4種類になっている。

これが多くの人に受け入れられた一因ではないかと思う。
統一には、いろいろな意見も出たと思うが、伝統に固執することなく市場のニーズに合わせて変化させていく
とても大切なことだ。
今では「踊れない人はいない」と言われるほど市民に浸透している。

盛岡さんさ踊りの会期は毎年8月1~4日までの4日間。

以前、3日間だったものが参加者が増えたため会期を増やしたという。
前日には前夜祭も行われるので参加者の多さに驚く。

毎日、ミスさんさ踊りの華麗な演舞からスタートし、さんさ太鼓連や踊り集団、地域にある企業やホテルや百貨店などの団体もパレードに参加する。
この企業の皆さんの取り組みにも目を見張るものがあり、各社趣向を凝らした演出で練習を積んだであろう踊りを披露する。
見ていてまったく飽きない。

そして、観客130万人にはもちろん地元の人も多い。
家族、カップル、若者、それぞれの楽しみ方でここに集まる。

もちろん屋台も並び町中がさんさ踊り一色だ。
飲食店などのお店も路肩にお酒や食べ物を並べ、まるで町中がフードコート。
ポートランドの街の風景にも似ている。

今日は何を言いたいかと言うと、以前、このコラムで「高知でリアル価値のヒントをもらう」と書いた時と同じようにネットに代替できない価値。
https://scandpartners.jp/blog/post-1760

そして、価値は誰かが作るものではなく、皆が、当事者が、地域が、作っていくものではないかと。
自分の売りたいものを売りたいための活動ではなく、皆が納得して参加するもの。
それが価値につながる。
そんな感想を持って盛岡を後にしました。

未だ、行ったことが無い方は是非、盛岡へ。

ちなみにこのコラムの表題「さっこら~ちょいわやっせ~」は、踊りの時の掛け声。
意味は、「幸せを呼べばやって来る」だそうです。
盛岡らしさを感じますね。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-