SCアンドパートナーズ

Vol.222 「課題は課題設定?」

コンサルタントの仕事で一番最初にぶつかる課題は、クライアントの課題の設定。
課題は課題の設定
なんか、表現がおかしいけど、この課題設定が的確でないとすべてが水の泡となる。
徒労というやつだ。

クライアントが抱える問題意識と課題認識
私が考える問題意識と課題認識。
これが一致しないと先に進めない。

クライアントが持つ問題意識を単に解決するだけでは「なりたい姿」に近づけないこともある。
そう「なりたい姿」
これが無いとそもそも課題が設定できないのだ。

だからまずはクライアントととことん話し合ってなりたい姿をまずは共有する。
そのなりたい姿を達成するために支障となることだけを問題として捉える。
そして、なりたい姿と現状を比較した時、支障となる問題は取り除く。
でも、それほど問題にならない問題は放っておきたい。

ところがこれが結構難しい。
クライアントの社内に何故かその問題にこだわりを持った人がいると取り組まなくていい問題解決に時間と費用をかけることになる。

そのこだわりのほとんどが「過去の経験に基づくもの」か、「社内の誰かを気にしてのこと」のケースが多い。
そこに振り回されると、結果、なりたい姿には程遠いレポートやプログラムや事業計画書となり、いわゆる「社内向け資料」が完成する。

なりたい姿と現状のギャップ。
これ以外は出来るだけ省力化する方がいい。
これが課題設定の重要なポイントだと思う。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-