SCアンドパートナーズ

Vol.208 「雨は売上減の言い訳になるか」

今年の梅雨は梅雨らしい梅雨。

雨が降ると売上に影響する。
だから、毎月の営業報告会議では、雨の日数と気温の寒暖が冒頭のあいさつのように報告される。

営業報告書の定型フォーマット欄に雨量と日照時間が記載されているのを見て、よほど、天候にナーバスな業種なんだな、と感心したことがあった。

では、「雨が降ったので売上が下がりました」は言い訳になるのか。
もしくは、「雨が降ったので予算達成出来ませんでした」はどうか。

やはり、どう考えてもNOだろう。
確かに「雨が降ると売上が落ちる」し、「予算は達成できない」。
これは紛れもない事実。

でも、もう少し、ビジネス的に考えていきたい。

雨が降ることが何に影響するのか。
客足、入店率、買上率、客単価、買い上げ点数、はてさて。

雨が降ったら何が下がったのか。
それが予想できなかったのか。
対策は無かったのか。
過去に経験は無いのか。
次はどうするのか。

雨が降ったことによって、何に影響して、それにどんな対策を打って、その結果がどうなったのか。
その結果が次に生かせないのか。

営業報告会議ではそこまで報告して欲しい。

今年10月に消費税が10%になる。
11月の営業報告会議で「消費税が上がって売上が落ちました」なんて報告は絶対NG。
何故ならこれは雨と違って何年も前から分かっていたことだから。

もし、これを売り上げ減の理由にしたら、
「この何年もの間、何もしていませんでした。何も対策を打ちませんでした」
と言っていることに等しい。
自らの無策を報告することになる。

起こる事象とその対策と実行。
対策が外れることだってある。
でも、何も対策を打たなければ何も変わらないし、結果も評価できない。

梅雨は雨が多いのは今始まったことじゃない。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-