SCアンドパートナーズ

Vol.168 盛岡フェザンのおでんせ館

最近、見るべきSCはどこですか?
と聞かれる必ず候補に挙げるのが盛岡駅ビル「フェザン」の「おでんせ館」

ここは岩手の美味しいものがギュッと凝縮した空間

一歩足を踏み入れるとあるわあるわの岩手名物。

まずは海宝漬は外せない。

うに、いくら、あわびが山のように乗った海宝漬。
贅沢過ぎる。

震災の後、この海宝漬の中村社長の話を伺いに三陸まで行ったことがある。
中村屋さんは、津波で船も倉庫流され、悲しみに打ちひしがれながらも社員皆で頑張って見事に復活。
そんな話を涙ながらに話してくれた中村社長はかっこよかったです。

そして岩手と言えば3大麺。
冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば。

冷麺は有名だけど、このじゃじゃ麺は知らない人が多い。
じゃじゃ麺と言えば、ここ「白瀧(ぱいろん)」
出張者たちも必ず立ち寄ります。

じゃじゃ麺とは、中華で食べるジャージャー麺と同じように汁無し麺に味噌を絡めて食べる。
でも、味噌は和風。
そして、食べてる途中で生卵を割り入れ、かき混ぜ、そこにスープを入れてもらってスープ麺にして食べる。
2度美味しい不思議な麺。

そして、やはり南部鉄

なぜ、ここを見るべき施設なのかと言うと、とにかく地元を大事にしてるとこ。
多くのSCが地域との連携とか、街づくりとか、お題目では言うけど、ここは違う。

このおでんせ館にあるお店は、本当に担当者がコツコツ、粘り強く地元のお店を誘致している。

この冷麺で有名な大同苑も社長の息子さんがお店に立って接客してるほど。

おそば

海の幸

日本酒

今、フードホール流行りだけど、ここは流行りに乗って作ったわけじゃない。
長い年月をかけて実現した場所。

一見の価値ありです。盛岡フェザン。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-