SCアンドパートナーズ

Vol.143 人口減少は怖いこと?

人出不足を背景にコンビニエンスストアの営業時間の短縮実験が始まった。
もともとセブンイレブンも7時~23時の営業時間だったからセブンイレブンの名前だったはず。

不便にはなるけど24時間営業しなくても良いと思う。
昔はコンビニエンスストアなんて無かったし、23時までに買い物を済ませればいいこと。

この先、コンビニエンスストアに限らず、人口減少によってますます労働力不足は加速する。
当然、これまでのビジネススタイルの変更を余儀なくされるのは明白だ。
でも、それはいけないことなのか。
変化は怖いが受け止めるしかない。

今、日本は人口が減少して大変だ!と連呼する。
でも、カナダの人口密度は3.7人/㎢だ。
日本の人口密度336人/㎢の100分の1。

そしてバンクーバーの日曜日はお店が休業か短縮営業だ。
それでも市民生活は豊か。
先進国の一員だし、ビールもワインも美味いし、自然も豊か。
同じ先進国と言われる国なのに何が違うのか。

2060年、日本の人口は9千万人になる。
と、これまた悲壮感に満ちた声が大きい。
でも、この時の人口密度は245人/㎢になるだけ。
ようやく、ドイツの230人/㎢に追いつく程度だ。

今、「人口減少は困る!」のではなく、「人口減少になると困る!ことが困る!」のではないか。
人口減少になっても困らない社会を作ることが先決。
墜落したF35が200億円と聞いてそんなことを考えました。

古いバンクーバーの街並みは綺麗だ。

バスに乗ればすぐそこに海。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-