SCアンドパートナーズ

Vol.112 アドバイザリー業務③「社長の相談役」

アドバイザリー業務として、「テナントリーシング業務」と「事業計画策定業務」の2つを紹介しましたが、この他にちょっと変わったアドバイザリー業務があります。

それが「社長の相談役」です。

企業の社長というのは常に孤独なもの。
(これはその立場になってみないと絶対に分からない)

部下から上がってくる提案、報告、上申を総合して、自分で考え、自分で決め、そして指示を出す。

そのためには、自分が正しい情報を持ち、社会の流れを見ながら将来にわたる意思決定をしなければならない。
株主、社員、社会、自社、取引先、地域、それは多くのステークホルダーに囲まれる。

でも、「今の自分の意思決定が間違っていないのか」「もっと他にアイディアは無いのか」「部下の言っていることを鵜呑みにしていいのか」考えます。

常に葛藤の日々です。

そこで、私が社長の「セカンドオピニオン」役を担うことになります。

異なる情報を提供したり、その先に潜むリスクを提示したり。
時には全く異なる代替案を提示します。
そして、時には耳の痛い話もします。

それが疎まれて契約が終了することもありますが。 笑

でも、聞こえの良いことだけを言っているだけでは私のセカンドオピニオンとしての存在意義はありませんから時には耳障りの良くないことも言うことになるのです。

また、時には部下たちの代弁役になることもあります。
部下の皆に成り代わって、頑固な社長を説得する役目です。
これも重要な業務。

アドバイザリー契約を交わし、外部から知見を提供する業務。
なかなか奥深いです。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-