SCアンドパートナーズ

Vol.72 SHIBUYA109香港

今年も「渋谷109香港」に行ってきました。

渋谷109香港は、2015年12月、東急モールズデベロップメントの香港子会社「東急商業發展」が海港城(ハーバーシティ)内に240坪で開業しました。

この渋谷109香港は、開発当初に携わったものの、ざんねん残念ながら開発途中で異動してしまい、開業には立ち会えず。
でも、やはり、気になるもので、毎年開業月の12月には見に行きます。

ハーバーシティ(海港城)は、香港の中心地「尖沙咀駅」から徒歩数分の場所。
売上高4,000億円とも言われる超大型SC。

中国本土から客船が到着する場所でもあり、中国人の買い物客が半端ない。

そしてマカオへのフェリーなど海運の場所としても有名な場所。

すべてのスケールが違う香港をまざまざと見せつけられます。

109内には日本を代表するブランドが並び、賑わいを見せています。

店内通路の様子。

日本でおなじみのWEGOも。

ユニークなのは、集中レジ。
各お店にレジは無く、ここでレジ機能を集約しています。

香港の人は、日本好きの方も多いらしく、こういった日本文化も受け入れられるとか。

109なのでレディス中心ですね。

最近、中国経済が米中関係の悪化からやや減速気味

その影響もあって香港経済にも影を落としています。

とはいえ、中国から香港へ年間4,400万人が入国する。
日本のインバウンド全体でも3千万人になっていない中、あの小さな香港に中国人だけで4,400万人。
相当のものですね。

香港に行く際は、ここハーバーシティと合わせ、同じ会社「九龍倉置業地産投資(ワーフREIC)」の経営している時代広場(タイムズスクエア、コーズウェイベイ)も合わせて視察するといいですね。

タイムズスクエアの外観と内観です。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-