SCアンドパートナーズ

VOL.883 「グラフには気をつけよう」

先日、テレビを観ているとこんなグラフが映し出された。

新型コロナウイルスの感染拡大に不安と思うかどうかの調査だと言う。

でも、このグラフ、「何か、変だなー」と見ると下の方に波波線があって、グラフが分断されている。

その上、両側に黄色い大きな矢印マーク。

と思ってので、下記のように変えてみた。

全然、見え方が違う。

グラフとは不思議なものだ。

そして、この「不安だ」の数値とは?と思ってデータを見るとどうやら「ある程度不安」(ピンク)も入っているようだ。

この場合は、「ある程度不安か」と聞かれれば、「はい」と答えるのも人情。

調査設計とグラフの作成、難しくもあり、見る方も注意しなければならない。

最近、テレビニュースで流れるグラフ、この手のものが多い気がします。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-