SCアンドパートナーズ

Vol.775 「コロナ禍、久しぶりのリアル店長研修」

2020年から始まったコロナ禍の影響で人と人の接触が制限され、リアルでの研修は2年以上開催できませんでした。

でも、この期間の店舗は感染防止や重点措置への対応で研修どころではなかったと思います。

それも、ようやく落ち着きつつあり、リアルでの研修が開催できるまでになりました。

こちらの施設でも今年初の研修ということで私も気が引き締まります。

今回の研修テーマは、

「変化する時代を乗り切る 店長・代行者向けマネジメント研修」

~店舗運営において「変化する時代」を受け入れ、対応手法を見つけ出し、成果につなげる手法を学ぶ~

と題して、1部と2部に分けての開催。

ショッピングセンターの店舗スタッフさん向け研修は、「接客研修」「VMD研修」「チームワーク研修」「マネージャー研修」「ミステリーショッパー」など店舗運営を行う上での技術的な側面や店舗スタッフのモチベーション形成などが多いのですが、デベロッパー出身の私が店長さんに向けてお伝えする内容は、

1.ショッピングセンターはどのように成り立っているのか。

2.そのショッピングセンターという集合体の中で働くことの意味は。

3.ショッピングセンターの中で売上を上げるために必要な知識と手法。

4.店舗の役割とショッピングセンターの責任。

ショッピングセンターは、路面店と違って活用できる資源は多い。

これらの特徴をお伝えしながら店舗運営でのチームビルディングやモチベーション・マネジメントへと展開していきます。

今回は、1時間半の時間をいただいたので後半30分は研修の振り返り行っていただき発表していただきました。

店長さん達の悩みはいつも多岐に渡り、苦労の連続。

その中でも店舗内の人間関係やどうやったら皆が気持ちよく、同じ方向を向かって働くことが出来るか。

そこが重視されます。

せっかくのショッピングセンターへの出店。

ぜひ、その特徴を存分に生かして店舗もスタッフも店長さんも大きく成長して欲しいと思います。

今回は、コロナ禍の難しい中にも関わらず、この機会をいただいた事務局、そして、施設側と調整いただいた方、皆さまに感謝いたします。

ありがとうございました。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-