SCアンドパートナーズ

Vol.457 「コロナ第2ステージはこれから」

今年始まったコロナ禍、緊急事態宣言が終了するも、未だ小売りや娯楽の売上は戻らない。

この状態は、ワクチンや治療薬が出来なければ完全な復活は期待できず、海外の感染拡大が続いている限りは渡航の制限は続く。

これまでの半期は、個人事業主は貯金、企業は留保金、これからを使いながらどうにかやり過ごしてきた。

しかし、この売上減少があと半年続くと貯金や留保金が底をつく。

企業は、「雇用か、賃金か」この2つを迫れることになり、従業員はボーナス払いの住宅ローンに窮する。

そんな年末がやってくるとも限らない。

この半年、これまでの賃金を満額もらっていた会社員も多い。

でも、既に非正規社員の契約を見直し始めている。

菅新総裁は、「自助、共助、公助」を掲げる。

まずは自助。

企業も従業員もこれまでの雇用や業務は続かないことを前提に次のステージを考えないといけない。

仮にコロナ禍が収束しても、この努力は報われる。

企業は、この下半期の行動で来年が決まる。

個人も収入元を複数持つ時代に突入したのかもしれません。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-