SCアンドパートナーズ

Vol.265 「ECはアパレル強化?」

ヤフーのZOZO買収。
この発表には驚いた。

何に驚いたか

4,000億とも言われるその買収額や買収劇や前沢社長の退任も驚くがそんなことに驚いたんじゃ無い。

それは、「今、アパレル?」だ。

世の中のショッピングセンターや百貨店やアパレルメーカーは、「洋服が売れない売れない」と毎日のように口にする。

紳士服メーカーや紳士服販売店の不振がそれを物語る。

ところがアパレル強化だと言う。

これはヤフーに限ったことじゃ無い。

楽天でも「楽天ファッション」を始めると言う。

amazonもamazon prime wardrobeでアパレルの販売を強化している。

EC企業が皆、アパレルを強化する一方、リアルの売り場は、やれ食だ、やれフードホールだ、やれコト消費だ、と叫ぶ。

どうやら、本当にアパレルの販売チャネルは変わってしまったらしい。

リアルの売り場を持つ事業者は、この現象を真正面から受け止めることが解決策を見出す第一歩になるでしょう。

 

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒、1961年生まれ。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-