SCアンドパートナーズ

VOL.1038 「何かあったらどうするんだ!」

「何かあったらどうするんだ!」

この言葉の裏には、

「俺に責任が来るじゃないか」

「何かあったら俺が怒られるんだぞ」

そんな心のつぶやきが聞こえてきそうなワード「何かあったらどうするんだ!」

コロナ禍、「何もそこまでしなくても…」なんて行動がたくさんあった。

「いや、とりあえずさ、やっといた方が安全でしょ、何言われるか分からないからさ」

日本人はおもてなしの心

裏を返すと「何か言われないために色々優しくやっておこう」そんな疑念も持ってしまうほど、優しい。

サッカーの試合後、掃除をして帰る日本人

立つ鳥跡を濁さず。

でも、建物のドアを後から来る人のために押さえていてくれる人はほぼ皆無な日本人

海外に行くと普通に後の人のためにドアを押さえてくれるシーンに出会う。

ところが日本人は、一旦知り合いになった途端、とても親切になる。

もちろん、ドアも押さえてくれる。

こんな両面性を感じる今日この頃。

先日、若い会社員の方がこんなこと言っていました。

「前例通りやってうまくいかなくても怒られないけど、新しいことをやって失敗すると怒られるんですよ」

「何でこんなことをやったんだ」

「誰がやったんだ」

て、なるので、出来るだけ前例踏襲を心掛けています、と。

日本の停滞は必然か。

もちろん、チャレンジしている方もたくさんいる。

でも、多くは前例主義

「何かあったら対処すればいい」

「何かあったら改善すればいい」

「何かあった方が面白い」

そんな時代に戻れればいいね、日本。

「何かあったらどうするんだ!」

フリーランスになった今は、言う場面も無いし、そんな発想していたら干上がってしまう。

とりあえず、やってみる。

やってみて、考える。

うまくいかなかったら、そこで考える。

そんな連続です。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

これまで問い合わせ用メールアドレスをこちらに記載していたのですが、最近、営業メールの数が看過できないほど増えてきており、大変心苦しいのですが一旦閉じさせて頂きたくことになりました。
事情ご賢察の上、ご理解くださいませ。

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-