SCアンドパートナーズ

Vol.781 「コロナ禍以降の売上高の動き」

日本SC協会、百貨店協会、日本チェーンストア協会、それぞれから発表されている前年比を1ページにしました。

相変わらずのチェーンストアの安定さと、百貨店の高い伸び、この2つが指摘できそうです。

百貨店協会からは、「前年の緊急事態宣言下における休業(生活必需品等売場を除く)等の反動や、外出機会の増加に伴
う消費マインドの回復が寄与した。」とあるように回復基調にあるようです。

ただ、「コロナ前との比較(2019年比)では、売上高10.5%減、入店客数21.9%減」とコロナ前には届いていないようです。

高額品やブランド品の多い百貨店はインバウンド需要を待ちたいところでしょう。

逆に最寄り品の多いSCの回復は今一つ。

SCで売っているものは、百貨店に比べるとECに代替されやすいものが多いので今後が心配です。

ただ、SC内では、物販機能だけでなく生活サポート的なサービスも増えていますので、この売上高前年比はKPIの一つに過ぎなくなることも指摘できますね。

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-