SCアンドパートナーズ

2016年01月28日(木)開催地:東京SC・商業施設の事業収支計画の作り方【入門編】(綜合ユニコム主催セミナー)

【セミナーは終了しました】

いまや都市開発・再開発に欠くことのできないSC・商業施設投資の経済性評価を計る指標はどう見ていけばいいのか。
運営力、集客力、商品の品揃え=マーチャンダイジングで顧客ニーズ、消費予測を捉えながら単なる表計算の「IRR」「NPV」に終わらない、開発・投資・価値評価のための収支計画の作り方を徹底研究。

[演習]SC・商業施設の事業収支計画の作り方【入門編】

事業収支計画と投資の経済性評価のバランスをどう考えるか実践演習で学ぶSCの「IRR」「NPV」の計算法

ご案内
都市開発や再開発ビルの開発に、商業店舗を集積するSC(ショッピングセンター)は不可欠な空間となっています。SCは不動産賃貸事業でありながら、消費ニーズを捉えたマーケティング、顧客満足度ある運営サービス、集客のためのイベント力など、事業特有の実務を備えたうえでの不動産収益事業という特徴をもっており、開発における事業収支計画を立てるにも、これらの特性を理解しなければSCの開発は成り立ちません。そこで本セミナーでは、SC事業の収支計画を立て、経済性を知るための投資評価法の理解と、SC・商業施設の事業の本質を踏まえたうえで、収支計画をどう立てるのか、また経済性を図るために必要な要素とは何か、を学ぶ実務セミナーとして開催してまいります。具体的に収支計画の立て方を学んでいただくために、演習を行ないながら理解を深める実践型トレーニング講座として開催いたします。SC開発に携わる関連事業者の皆様のご参加をお待ちいたします。
セミナープログラム
13:00〜17:00(※途中休憩を挟みながら進行して参ります)
Ⅰ. SCを取り巻く今日的課題
1. SCを取り巻く社会的環境変化
2. SCビジネスの事業特性
3. SCが抱える経営課題

Ⅱ. SC・商業施設の経済性計算とは
経済性計算を知る
1. SC・商業施設の経済性計算に必要な要素

(ア) キャッシュフロー
(イ) 貨幣の時間的価値
(ウ) 経済命数
(エ) 資本コスト
2. 経済性計算の主な手法
(ア) 回収期間法
(イ) 会計的利益率法
(ウ) DCF法
――IRRとNPV
Ⅲ. SC・商業施設の収支計画の具体的な作成方法
1. 収支計画の要点
(ア) 収支計画の真の意味を理解する
(イ) 収支計画の前提を理解する
興業費、経常収支、資金計画、投資判断
(ウ) テナントの賃料想定
2. 収支計画は物語
(ア) 3つのアプローチ
① コストプッシュ型
② マーケットイン型
③ 目標達成型
Ⅳ. 質疑応答

開催日時 2016年1月28日(木) 13:00〜17:00
会場 アイビーホール
東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL 03-3409-8181
※詳しい会場案内図は参加証にてお知らせいたします。
参加費 41,040円(1名様につき)
(消費税および地方消費税 3,040円含む)
●同一申込書にて2名以上参加の場合は
 38,880円(1名様につき)
 (消費税および地方消費税 2,880円含む)
※テキスト・コーヒー代を含む。


 
 
 

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-