SCアンドパートナーズ

Vol.778 「大切なのは”商圏”」

ショッピングセンターなどの商業施設は不動産。

「不」動産は、動けない資産。

一度、造ってしまえば、永くそこに存在する「装置産業」

だから、周囲を取り巻く商圏が大切。

どんな人が暮らし、どんな生活をし、どんな夢を持ち、どんな悩みや課題を持っているだろうか。

これまで「何を売るか」「何が売れるか」「どうやって売るか」「どうやったら売れるか」そんな視点がの多かった商業施設。

でも、コロナ禍を経て、もっと生活者の持つ課題を見つめることに気づく。

朝起きて夜寝るまで。

私たちは暮らしている。

こんなテーマを何回かに分けて考えていきます。

【第48回 「分母と分子」に着目!コロナが教えてくれたSCマーケティングとは】

https://diamond-rm.net/management/194130/

Young couple clothes shopping together in a department store. Osaka, Japan. June 2016

この記事を共有する

CONTACT USお問い合わせ

セミナーに関するご質問、企業研修・コンサルティングのご要望、
その他お問い合わせはこちらから。

VIEW FORM

株式会社 SC&パートナーズ

代表取締役西山貴仁

東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒。

Facebook:西山貴仁 -SC & パートナーズ-