【演習】SC事業の[収支計画]と[投資利回り]
[適正賃料]知識習得講座【入門編】

SCの収支計画は作り手側の論理で策定しても画餅に終わる。
借り手側のテナント売上と賃料収受が目標に到達することで達成される
テナントの業種ごとの適正賃料予測と算定を学ぶことで収支計画の精度を向上させる

 

ご案内
 都市開発や再開発ビルの重要アイテムとして、商業店舗を集積するSC(ショッピングセンター)は不可欠な空間となっています。SCは不動産賃貸事業でありながら、消費ニーズを捉えたマーケティング、顧客満足度を高める運営サービス、集客のためのイベント力など、事業特有の実務を備えたうえでの不動産収益事業という特徴をもっており、開発における事業収支計画を立てるにも、これらの特性を理解しなければSCの開発は成り立ちません。
そこで本セミナーでは、SC事業の収支計画を立て、経済性を知るための投資評価法の理解を、SC事業の本質を踏まえたうえで基礎から学びます。収支計画をどう立てるのか、また経済性をはかるために必要な「投資利回り」、また価値の維持を図るため不可欠なリニューアル投資をしてテナントの支払い能力から逆算する適正賃料を把握することで収支計画の精度を高めることを学ぶ実務セミナーとして開催してまいります。
具体的に収支計画の立て方を学んでいただくために、演習を交えてまいります。SC開発・投資・運営に携わる関連事業者の皆様のご参加をお待ちいたします。
セミナープログラム&タイムスケジュール 
 13:00~17:00 ※休憩は講演進行に合わせ、適時とってまいります。

Ⅰ. SC(ショッピングセンター)を取り巻く今日的課題
 1. SCを取り巻く社会的環境変化
2. SCビジネスの事業特性と経営課題
3. 施設タイプ別にみた事業の特徴

ネバーフッド型SC/食品スーパー/百貨店/駅ビル/コミュニティ型SC

Ⅱ. SCの経済性計算とは
 ――経済性計算の手法を知る

 1. SCの経済性計算に必要な要素
(ア) キャッシュフロー
(イ) 貨幣の時間的価値
(ウ) 経済命数
(エ) 資本コスト
 2. 経済性計算の主な手法
(ア) 回収期間法
(イ) 会計的利益率法
(ウ) DCF法――IRRとNPV

Ⅲ. SC収支計画の具体的な作成方法
 1. 収支計画の要点
(ア) 収支計画の真の意味を理解する
(イ) 収支計画の前提を理解する――興業費、経常収支、資金計画、投資判断
(ウ) テナントの賃料想定
 2. 収支計画は物語――3つのアプローチ
① コストプッシュ型
② マーケットイン型
③ 目標達成型
 3. 投資価値判断のための投資利回り・投資リターンの見方

Ⅳ. テナントの業種別適正賃料とリニューアルを考える
 1. テナントの業種ごとの適正賃料と支払い能力
2. 店舗損益のシミュレーション
3. SC・商業施設特有のリニューアル投資の意思決定

Ⅴ. 質疑応答

※講義中、「計算機」を使用いたしますのでご持参下さい。

お申込みはこちら

開催日時2017年5月23日(火) 13:00~17:00

会場アイビーホール
東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL 03-3409-8181
※詳しい会場案内図は参加証にてお知らせいたします。

参加費 

41,040円(1名様につき/消費税および地方消費税 3,040円含む)
●同一申込書にて2名以上参加の場合は
 38,880円(1名様につき/消費税および地方消費税 2,880円含む)
※テキスト・コーヒー代を含む