日時 2017年2月28日(火)13:00~17:00
会場 JR博多シティ会議室9階
受講料 41,040円(税込)
申し込み方法 下記URLからWEBエントリーお願いします。
http://sogo-unicom.co.jp/pbs/seminar/2017/0213.html

【福岡開催】
「不動産賃貸業」=ショッピングセンター(SC)の事業評価法
投資対象としてのSCの収益分析の手法を学ぶ。

●「不動産賃貸事業」としてみたSCの収益構造・賃料形態とは
●売り場、テナントの評価法と、リーシング・契約時の分析
●収益に課題のあるSC、テナントの分析法

 

ご案内
わが国のショッピングセンター(SC)数は、2015年に3,195施設(日本SC協会調べ)を数え、年々増加しています。また市場規模も31兆円強になっており、投資対象としても常に熱い視線が向けられています。
SCは、不動産賃貸事業でありながら、入居するテナントが、消費者の購買意欲を満たす魅力を備え日々の売上げを作り、サービス業としても空間・接客・イベント力で集客を図るという、特殊なビジネスです。その点で、投資家層が理解できる経営の体系化が遅れているのが現状です。
本セミナーは、SC事業に関わるプレーヤーが、投資対象としてSC事業を評価する一手法として、SCの売上構成、賃料構造、店舗・テナントの評価軸などの実務を学び、SCの本質について学んでまいります。
また対象SCの課題を抽出し、テナント収益の改善を進めていくことが、投資リスクを抑え、経営価値の向上を図る重要施策であるため、その具体手法と、収益に課題のあるSC、テナントの対策までを学びます。SCの事業・収益構造を体系的に整理・解説し、SC事業投資評価と経営ロジックを理解できるセミナーとして開催してまいります。
セミナープログラム&タイムスケジュール 
13:00~17:00 ※適宜休憩をを挟みます

Ⅰ. SCの事業構造と経営ロジック
 1. SC(ショッピングセンター)の現状と特徴
・ 総数、店舗面積、売上、業種構成、最近の開発物件の特徴
 2. SCが生み出す収益と事業構造から最適経営を考える
・ 不動産賃貸業としてのSCの仕組み
・ SC経営スキーム(直営、マスターリース、PM、パススルー型ML/PM契約)のメリットとデメリット
・ SC事業の収益、費用、利益、事業計画、経済性評価(IRR、NPV)

Ⅱ. SCの売上生成論
 1. SCの売上構造を知り、コントロール手法を学ぶ
・ SC売上の決定要因と構成要素
・ SC売上をコントロールするプロモーション手法
・ 計画購買と非計画購買
 2. テナントの売上構造を知り、正しく分析する
・ テナント売上の構成要素
・ テナント売上を向上させる手法とVMDの重要性
・ テナント売上分析(静的、動的、比較、ポジション、損益分岐点分析)
・ テナントの責任と役割、テナント指導のステップ

Ⅲ. 賃料の決定メカニズム
 1. SC賃料の特徴から交渉過程を学ぶ
・SC賃料の類型と特徴
・SC賃料の決定プロセス
・近年のSC賃料の特徴
 2. デベロッパーから見たSC賃料の決定方法
・ 賃料決定のアプローチ(積算法、収益法、賃貸事例比較法、予算法)
・ 収益法の計算方法
・ 一般的な月坪売上高とは
 3. テナント側から見たSC賃料の許容範囲
・ テナント側の店舗損益計算書の構造
・ 支払い賃料と不動産コスト
・ 【演習】損益計算と損益分岐点分析
 4. SC賃料に関する留意点
・ 工事区分と賃料の相関関係
・ 賃料に影響を及ぼす敷金の取り扱い
・ SC経営スタンスと賃料の選択要因

Ⅳ. これからのSCに課せられたテーマ
・ わが国における気候、風土、市場、消費者の意識変化
・ 人口ピラミッドから見えるSCの過去、現在、未来
・ 情報ソーシャル化時代のSCとは

Ⅴ. 質疑応答

※電卓を使用しますので、お持ちください。
※本セミナーは、2016年12月15日大阪開催内容を適宜修正し、福岡にて開催するものです。